花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

4468大浜埼灯台

旧大浜埼潮流信号所,他

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 広島県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

因島の北端にある【4468】大浜埼灯台。明治期建造の堂々たる灯台です。岬に突き出した石垣の上に立っていて,灯台の手前に案内板もありました(上左の画像クリックで別窓拡大表示)。この案内板によれば,この灯台は明治43年4月に灯台業務を停止し「大浜埼船舶通航信号所」になったのち,昭和29年4月に灯台業務を再開したということです。砲台のようなところにたっているので,他の角度からはあまりまともな写真は取れません(上右)。下左は灯台記念館越しの大浜埼灯台。三連の白い屋根が灯台記念館です。

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

因島大橋記念公園から海岸沿いの遊歩道を進んでいくと岬のてっぺんの灯台が見えてきます(上左)。霊山寺というお寺の手前に古い灯浮標を使った灯台記念館の標識と灯台付近の案内図があり,その奥に灯台記念館への道しるべがあるので(上右),そこから階段を登っていくと,「航路標識の歴史―はじめに―」(下左)から「航路標識の歴史―航路標識の管理―」(下右)まで8枚にわたって航路標識の歴史が解説されています。それを読みつつ階段を登っていくと……

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

2013/04/21

灯台記念館に到着(上左)。灯台記念館については上右の「土木遺産」のプレートにあるとおり「旧大浜埼船舶通航潮流信号所」で,入館はできないもののガラス戸の中に参観灯台に付属の資料館で見られるような灯台のレンズや電球などが展示されています。一見そこで行き止まりのように見えますが,灯台記念館の裏側にまわると「長太夫灯標旧灯ろう」が露天で展示されており,その反対側に灯台へ下りる階段があります(下左)。階段を下りていくと灯台はすぐです(下右)。

2013/04/21

2013/04/21

左は灯台から見える旧観潮所,左は灯台記念館の上にある旧大浜埼潮流信号柱です(画像クリックで案内板を別窓に拡大表示します)。実はこの潮流信号柱から自動車道に出ることができ(右は自動車道からの入り口に潮流信号柱が見えているところです),目の前に灯台記念館駐車場があるのですが,私たちはここに車をとめて潮流信号柱から灯台記念館へと辿ったのでした。そこで灯台へ降りる道がまさか灯台記念館の裏にあるとは思わず,浜のほうへ降りてしまい,そこで案内図を見つけてもう一度灯台への道を辿りなおした次第です。それにしても,灯台記念館の道しるべばかりで灯台への案内がほとんどないのはどういうことでしょう(よく探すとあるにはあるのだけれども)。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 広島県  いつかの灯台  上へ   次の灯台