花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

4477高根島灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 広島県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2013/04/20

2013/04/20

しまなみ海道生口島からさらに高根大橋をわたった高根島に建つ【4477】高根島(こうねじま)灯台。わずか4.6mの高さにもかかわらず,灯台50選にも入るのも納得の,堂々たる風貌をしています。塀の外に案内板も立っていました(上の画像クリックで別窓拡大表示)。

2013/04/20

2013/04/20

2013/04/20

2013/04/20

横の塚山の上から見ると,子供用のビニールプールのような石造の塀に囲まれています。灯器は残念ながらすでにLEDになっています。

2013/04/20

2013/04/20

2013/04/20

みかんの島高根島に渡って県道370号を灯台を目指します。入り口と出口はコンクリとはいえ中は手掘りの岩盤がむき出しで軽トラックがやっとといった感じのトンネルを冷や汗をかきながら通り抜け灯台へ入る道を探しながら進んでいったのですが,それらしい道が見つからず通り過ぎてしまいました。大雄産業という会社への入り口も過ぎてむちゃくちゃ細い道に入ってしまったので,ちょうど通りかかった地元の青年に尋ねて入口を教えてもらいました。やっとの思いで引き返し,大雄産業の入り口と恐ろしいトンネルとの中間あたりでそれらしい道を見つけたのですが,車で入っていくのがためらわれ,付近の少し広くなったところに車をとめて徒歩で向かいました。県道から入ると青い小さな実のなっている種類もあり,オレンジ色の大きな実のなっている種類もあり,いろんな種類の柑橘類の畑が続きます(上左)。その先に並んでいるビニールハウス(下右)の中もなんかの柑橘類の花が咲いていて,よい香りが漂っていました。川沿いの道を進んでいくと突き当たり? と思ったら右に曲がって道が続いています。川の対岸は大雄産業の作業所です。

2013/04/20

2013/04/20

2013/04/20

2013/04/20

ここからのぼりになってちょっとした峠を超えたところに灯台の道しるべがありました(上左)。ここまでは,腕と度胸があれば車で入ってくることもできるでしょう。案内に従って細い山道を登っていくと(上右),石垣があって広くなっており,灯台の敷地に到着。ハナミズキが咲いていましたが,周囲はサクラの木がたくさん植えられており,花の季節にはさぞかし見事でしょう。右のほうに階段が見えるので(下左)そこを登ると,あれ,灯台がありません。前方に塚山のようなものがありますが,もしかしてここに建っていた灯台が廃止になった?

2013/04/20

ともったら塚山を超えたところに小振りの灯台が鎮座していました。灯台の道しるべのところから5分くらい,車を置いた県道からは30分弱の道のりでした。塚山の周辺にはベンチやバーベキュー用?のブロックが置いてあって,地元の方々にはなじみの場所のようです。生口島の食堂で昼食をとったとき,お店の方から知り合いがここで結婚式を挙げて新聞に載ったという話をお聞きしました。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 広島県  いつかの灯台  上へ   次の灯台