花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

7051久高島灯台

7051.1徳仁港口灯標/「サンゴ礁造園技術の研究開発」観測ステーション

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 沖縄県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2016/12/16

久高島は時間の都合がつかず訪問を断念したのですが,往生際が悪くどこか遠望できるところはないかと健闘した結果,観光名所でもある知念岬に目星をつけました。知念岬に近づいても海側に展望が開けずどうしたことかと思っていたのですが,体育館を回り込むと目の下に大海原に突き出た知念岬の姿が目に飛び込んできました。

2016/12/16

2016/12/16

2016/12/16

上は久高島の全景,右の方に【7051.1】徳仁港口灯標と【7051】久高島灯台がかろうじて見えています。実は事前に地図に灯台をプロットするとき間違えて,島の北の方に灯台のマークをつけていました。それで遠望した時,左側ばかり探していたのですが,それらしい姿が見つからず,久高島の端から端まで数コマに分けて望遠で撮影しておきました。帰宅後それらを確認したところ,ここに掲げた写真が撮れていたという次第です。

2016/12/16

2016/12/16

2016/12/16

実は知念岬で一番目を引いたのは,黄色い灯標様の機体でした。ちょうど浅瀬の横にあり(上,奥に見えているのは津堅島),てっきり航路標識の一つと思ったのですが手元の資料に該当するものがありませんでした。帰宅後画像を拡大したあげくネットでいろいろ検索して,海洋科学技術センター(現:独立行政法人海洋研究開発機構:JAMSTEC)の「サンゴ礁造園技術の研究開発」観測ステーションというものであることが判明しました。この機構の研究紀要がWEBで公開されており,それによれば正確な位置は北緯26度10分15.78秒東経127度50分25.67秒です。下右は安座間港(金武中城港安座真地区)から見た観察ステーションで(再掲),その時もさんざん首をひねったのですが,こうして正体が判明して胸のつかえがすっきりしました。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 沖縄県  いつかの灯台  上へ   次の灯台