花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

2013.7金谷港第1防波堤灯台/2014浜金谷港防波堤灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 千葉県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2013/02/25

2013/02/25

2013/02/25

2013/02/25

上は【2013.7】金谷港第1防波堤灯台(右手前)と【2014】浜金谷港防波堤灯台(左奥)のツーショットです。金谷港の南から撮りました。中央は神奈川の久里浜からのフェリーが発着する浜金谷港のターミナル,その右の硝子貼りの四角い建物は「ザ・フィッシュ」というフェリーで浜金谷にやってくる観光客向けの商業施設です。中段は金谷港の内側から,金谷港の入口を望んだところ。下段左は金谷港第1防波堤灯台のアップです。沖に見えているのは神奈川県の三浦半島で,【2030】観音埼灯台と東京湾海上交通センターも分かりました(下右)。

2013/02/25

「ザ・フィッシュ」に車をとめて海際を歩いていくと【2014】浜金谷港防波堤灯台に到達しました。灯台の左側の対岸に見えている3本の煙突は久里浜の横須賀火力発電所,その反対側(右側)の岬が観音崎です。灯台まで電信柱が続いていますが,残念ながら,灯台にはつながっていませんでした。

2013/02/25

2013/02/25

2013/02/25

浜金谷港防波堤灯台は堤防より一段低いところに立っているので,堤防の上を近づいていっても,基部が見えません(上左)。そのかわり,初点プレートは目の前に見えました(上右)。灯台の前で振り返ると,ちょうど久里浜からのフェリーがついたところで,下船の案内が聞こえてきました(下)。

2009/01/17

2009/01/17

上の2枚は初めてフェリーに乗って房総を訪れたとき,フェリーの上から撮ったものです。左は港の外から,右は灯台の横を通り過ぎるときに撮影しました。これをみると,上の写真で隠れていた基部が結構大きいことが分かります。また上の写真と比べると灯器が変わっていて,このころはまだ太陽光パネルもなく,電線が灯台につながっていることなど,4年の年月の流れがひしひしと感じられます。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 千葉県  いつかの灯台  上へ   次の灯台