花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

1829川尻灯台/1830常陸川尻港南防波堤灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 茨城県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2013/02/22

国道6号線の小貝浜入口という交差点を海のほうに曲がるのですが,この交差点,変則的な形で海側に入る道が2箇所あり,最初に間違えて北側の道を入ったら住宅地に入り込んでしまいました。再度6号線に出て,今度は南側の小貝浜入口を海のほうに入っていくと,突き当りが小貝ヶ浜緑地の駐車場になっており,突き当たりの崖から【1829】川尻灯台が遊歩道の先の松林の中に見えました。

2013/02/22

2013/02/22

2013/02/22

2013/02/22

緑地の遊歩道には灯台の案内もあり,のんびり進んでいくと松林の木陰に灯台が見え隠れしていてすぐに到達しますが,周囲はあまり余裕がなく,灯台の全体を収めるのに苦労しました。初点プレートの周囲は少し苔がついていますが,プレート自体はよく読めます。灯器は海側にオフセットされたLEDで塔高に比べて小さめ,上から下までストンとしたメリハリのない塔形なので,灯台自体はもう一つ色気がないのですが,ロケーションは最高でアプローチもしやすく,魅力的な灯台の一つといってもいいでしょう。

2013/02/22

2013/02/22

2013/02/22

灯台のはずれから海を見下ろすと,常陸川尻港を見下ろすことができ,【1830】常陸川尻港南防波堤灯台もしっかり見えました(下左)。下右は港に回って,防波堤灯台に近づいて撮ったものです。

2013/02/22

港からは川尻灯台もよく見えて,2灯台をワンショットの写真にしてみると,なかなかいい雰囲気です。この写真からはずれた左側に蚕養神社という神社があって,緑地の遊歩道が神社まで続いているので,神社側からも川尻灯台へは到達できると思われます。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 茨城県  いつかの灯台  上へ   次の灯台