花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

2013/11/27


2013/02/14

2013/03/07

2013/03/02

2017/03/11

2017/03/11

【日本住宅公団】団塊の世代が大量に住宅を必要とした時代に活躍した住宅公団。「狭い,遠い,高い」といわれながらも時代の要請にそった存在ではあったのですが……2段目は電気系,3段目は電話,4段目も電気系の蓋です。中左はオオタケファンドリー製,中右は土井製作所製です(外縁右側に漢字でメーカー名が書かれていました。電気蓋を参照してください)。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/02/08

2015/04/27

2015/04/27

【住宅・都市整備公団】上左は鎌倉の郊外で見かけたのですが,大きな団地などではなく,小規模住宅の中にありました。流用蓋かもしれません。上右と下は坂戸市で見つけたので,坂戸市といえば70年代には大規模公団住宅が開発されたところですから,こちらはごく当たり前です。上右は北勢工業の標準的な電気蓋です。
住宅・都市整備公団は,日本住宅公団と宅地開発公団の業務を引き継ぎ,その後都市基盤整備公団,都市再生機構(UR都市機構)へと名前を変えつつ組織が存続しつづけています。要するに天下りの受け皿になっているからかその役割が終わっても解散することができず(時代に必要な業務へと変身することもできず),ぐずぐずと居残っているのでしょう。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ   次の蓋