花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

小田原市

 

2010/01/25

2013/03/02

【小田原市】左は標準型の下水蓋。箱根越しの富士山,小田原城,酒匂川の渡し,が描かれています。右は小型の蓋。市の魚:メダカ,アジとありますが,これはメダカのほうです。小田原のイメージとしては海産物のほうがふさわしいと思いますが,これはこれでかわいいデザインだと思います(後で分かったのですが,有名な童謡「めだかの学校」の作詞者茶木滋が小田原市にある荻窪用水の情景を元に作詞したということから,市の魚にも選ばれたのでした)。

2014/12/24

2014/12/24

2014/12/24

2014/12/24

亀甲型の地紋に市章が配置されています。上段は「汚水」と「雨水」,下段は「汚水幹線」「雨水幹線」と書かれています。

2014/12/24

古いタイプでしょうか,東京市型の地紋の中央に支障が入っていますが,その中に「下水」を少しデザイン化した文字が入っています。小田原城の城域で見かけました。

2014/12/24

2014/12/24

2014/12/24

上水関係の蓋です。上の二つは「小田原市水道」の文字が入った「消火栓」と「空気弁」の蓋で,ほぼ同じようなデザインですが,右は破線の二重の囲いの外側が文字枠の下を通っていたり,微妙に違っています。下はよく見かけるドットタイプの蓋で,上部に市章,下部に「仕切弁」の文字が入っています。どれもさまざまな地域でよく見かけるタイプの蓋なので,撮っていたりいなかったり。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 関東 神奈川県  どっかの蓋  上へ   次の蓋