花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

7139伊江島灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 沖縄県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2016/12/14

2016/12/14

伊江島にはぜひわたりたいと思い,事前にいろいろ調べていたのですが【7139】伊江島灯台は港かなり離れているので,フェリーの時間と島での移動を考え併せてレンタカーごと伊江島に渡ることにしました。島に着いて時計回りに灯台を目指していくと広い草原の先に海をバックにした灯台の姿が見えました。三角錐のような先のとがった形をしていて,面白いデザインです。アップにしてみると,右の方に青い周知板らしきものも見えていて,期待が高まります。

2016/12/14

2016/12/14

2016/12/14

ところが近づいてみると,なんと【7139】伊江島灯台は米軍基地の中にあり,金網のゲートにさえぎられてしまいました(上左)。折角高いフェリーで車とともにやってきたのに。灯台はほんの目の前なのに。他に類を見ない素敵なデザインの灯台なのに。何ということでしょう。無駄と知りつつ金網沿いに少し探ってみましたが,もちろん入り込むような隙はありません(上右)。やむを得ず,いつもの手段で金網にレンズを突っ込んでとにもかくにも灯台の姿は収めることができました(下)。いつもの青い周知板かと思ったものは近づいてみるとどこにあるかわからなくなりましたが,きっと「入るべからず」みたいなことが書かれていたんでしょう。

2016/12/14

2016/12/14

2016/12/14

灯台はよく見ると四角錐で灯器の下の手摺りの付いた部分も四角です(左)。灯台の横に石碑があってアップにしてみると「伊江島燈台/殉職者慰霊之碑」と記されています(右下)。米軍基地の金網にレンズを突っ込んでいつまでも写真を撮っているのも剣呑なので泣く泣くその場を離れましたが,ほんの少しなんだから,灯台のところまで行けるようにしてほしい,というか基地を返還してほしいものです。いや灯台のためじゃなくて。

2016/12/14

2016/12/14

2016/12/14

未練がましく先ほど見た草原(畑?)の先からあれこれ望遠で撮ってみました。同じようなものばかりですが,折角だから少しでもたくさん撮りたいという貧乏根性です。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 沖縄県  いつかの灯台  上へ   次の灯台