花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

5257太郎岩照射灯

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 大分県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2012/03/21

2012/03/21

【5257】太郎岩照射灯。威風堂々たる躯体です。頭でっかちの照射灯も多いのですが,この照射灯は足もともどっしりとしています。プレートは汚れていて読みにくくなっていましたが,「太郎岩照射燈/初点/昭和45年度設置」と書かれています。これでは初点の日付が分かりませんね。

2012/03/21

2012/03/21

2012/03/21

2012/03/21

太郎岩照射灯に向かうには,竹田津港側から国道213号を東進して国見トンネルを越え,伊美川を渡ったところの信号を右に入り,最初の細い道をまた右に曲がって細い山道を登っていきます。国見トンネルの上を越えて鬼塚古墳も過ぎて,対向車が来たらすれ違いが困難な道をひたすら道なりに進んでいくと,種田という集落にたどり着きます。突き当たりは堤防なので,少し余裕のあるところに車を止めて少し戻り,山のほうを見上げると,家々の上に照射灯の頭が見えています(上左)。そこに向かって延びている電線もあるので,電信柱を頼りに山をよじ登って到達しました。実は,照射灯を左に見ながら集落の中から山のほうに延びている舗装路を探し,そこを登っていくと,大体照射灯と同じくらいの高さになったところで左に入っていく山道があり(上右),ここが照射灯への入口になります。軽トラックなら入れるくらいのほぼ平らな道を進んでいくとすぐに照射灯が見えてきて(下左),簡単にたどり着くことができます。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 大分県  いつかの灯台  上へ   次の灯台