花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0590神威岬灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(西岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2011/06/21

2011/06/21

【0590】神威岬灯台は道南でもっとも有名な灯台です。標識に従って大きな駐車場に着き,丘を登っていくと女人禁制の門(左)があり,そこから灯台がちらりと見えてきます。そこを過ぎると灯台までの岬の尾根道が一望できます。エゾカンゾウが咲き乱れていました。風が強いとこの門が閉められて通行禁止になるということですが,実際穏やかな日に訪れたにもかかわらず,灯台までの道は恐ろしいほどの強風でした。

2011/06/21

上の写真の岬の先に立っている尖った岩が神威岩です。灯台の前に立っている燈光会他の周知板と灯台の壁面に貼ってあった念仏トンネルの解説(再訪時に撮りなおしたもの,再訪時にはこの解説以外は初訪時と同じような写真しか撮れませんでした)は画像クリックで別ウインドウないし別タブに拡大表示されます。

2011/06/21

2011/06/21

2011/06/21

2011/06/21

上左は岬の先端から見た灯台,上右の灯器のアップを見るとビーコンタイプのようです。下左は初点プレート。下右は神威岬の伝説を解説した案内板(画像クリックで別窓拡大表示)です。

2011/06/21

灯台の東側から。神威岩が良く見えるところまで移動してみました。

2019/07/13

2019/07/13

2019/07/13

その後何度か神威岬を訪れているのですが追加するほどの写真が撮れませんでした。今回神恵内村から積丹町に入ったあたりで岬の先に神威岬灯台を認めました(上,下左)。遠いけれどこの位置からの灯台の眺めも素晴らしいものです。ところが駐車場についてみるとほぼ満車状態,灯台への遊歩道も人の列がぎっしりで,女人禁制の門あたりは渋滞するありさまでした(下右)。混雑する道をかき分けかき分け灯台まで行くことは行ったのですが,どこで写真をとってもポーズして自撮りする人々の姿が写り込んでしまいます。これらの人々はみな灯台まで行くのですが,さして灯台には興味を示さず,岬の先端で「ばえる」写真を撮るのに夢中のようでした。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(西岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台