花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0058室蘭港口灯標/0059室蘭港南外防波堤灯台/0059.5室蘭港南副防波堤灯台
0060室蘭港南外防波堤B灯台/0063室蘭港北外防波堤灯台
0063.81室蘭市室蘭港南防波堤西方灯標/0064室蘭港北防波堤灯台/0064.5室蘭港南防波堤灯台
0071室蘭港第3号灯標/0072室蘭港第4号灯標/0081室蘭港新日鐵住金ふとう灯台
0075室蘭港新日鐵住金第4号導灯(前灯)/0076室蘭港新日鐵住金第4号導灯(後灯)
0080室蘭港新日鐵住金第2号導灯(後灯)
0082室蘭港新日鐵住金第1号導灯(前灯)/0083室蘭港新日鐵住金第1号導灯(後灯)
0087.3室蘭港中央ふ頭導標(前標)/0087.3室蘭港中央ふ頭導標(後標)

旧室蘭灯台(大黒島灯台)/旧室蘭港北防波堤灯台

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2010/07/20

道の駅「みたら室蘭」からみた大黒島(中央の島)付近で,【0060】室蘭港南外防波堤B灯台(島から左に伸びた防波堤の途中の白灯台,実際は防波堤はここで切れています),【0059】室蘭港南外防波堤灯台(島から左奥に伸びた防波堤の先端に小さく見えています。この角度では短いようですが,反対側から見るとずいぶん長い防波堤です),【0059.5】室蘭港南副防波堤灯台(島の右側ちょっとはなれたところから始まり右へ延びている防波堤の先端の赤灯台),【0063】室蘭港北外防波堤灯台(前記防波堤の途中に小さく見える白灯台ですが,湾の反対側(画面右方)から左に伸びている防波堤の先端にあります)が見えています。大黒島に立っているのは旧室蘭灯台(下記参照)です。2010年に訪問しましたが,その後2015年に再訪したので,両者を混ぜて掲載します。室蘭港はとても大きな港なので,掲載する写真が錯綜してわかりにくいかと思いますがご容赦のほどを。

2015/07/11

2015/07/11

左が【0060】室蘭港南外防波堤B灯台,右は大黒島に建つ旧室蘭灯台です。前回訪問時現在の灯台表に載っていないので,灯台ではないと思っていたのですが,調べてみたら1887(明治24)年初点,1974(昭和49)年廃止になったれっきとした灯台だったものを室蘭市が保存しているものだということがわかりました。ただし室蘭市ほかの紹介では,すべて「大黒島灯台」の名前になっています。ちょっと気になって調べたものを別ページにまとめました。

2010/07/20

2015/07/11

2015/07/11

大黒島の右側の2灯台【0063】室蘭港北外防波堤灯台(上左側白灯台,下左)と【0059.5】室蘭港南副防波堤灯台(上右側赤灯台,下右)。大黒島の左の【0059】室蘭港南外防波堤灯台はこの位置からではよく見えないので,反対側の白鳥湾展望台からの写真を下にまとめ,その中で掲げます。

2010/07/20

2015/07/11

2015/07/11

上は道の駅とは反対側の白鳥湾展望台から大黒島を望んだところです。中段は大黒島のアップ,下はさらに【0059.5】室蘭港南副防波堤灯台のアップです。道の駅から見た時とはずいぶん印象が変わります。

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

上は大黒島の西側に伸びる防波堤の先の【0059】室蘭港南外防波堤灯台(左の赤灯台,下左も)とそれと向かい合う【0063】室蘭港北外防波堤灯台(上右の白灯台,下右も)です。バックに見えているのは駒ケ岳,北外防波堤灯台の外側に【0058】室蘭港口灯標が見えています。下にそれぞれをアップにしてみました。どちらにも灯台の横に釣り人がいるのが驚きです。

2015/07/11

白鳥湾展望台から白鳥大橋を望んだところです。前回訪問時はぼんやりしていて,肉眼ではわからなかった【0064】室蘭港北防波堤灯台(橋の下に左から伸びた防波堤の先の白灯台)がはっきりわかります。右側の橋脚を回り込むようにして延びている防波堤の先端の赤灯台が【0064.5】室蘭港南防波堤灯台です。さらにその右側(青いガスタンクの手前)に【0063.81】室蘭市室蘭港南防波堤西方灯標も確認できます(とはいってもこれは撮影時には気がつかず,帰宅後整理している時に写っているのがわかっただけで,アップの写真は撮り損ねています)。そこで,橋の反対側(南側)にわたって,もう少し接近できないか探ってみることにしました。

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

白鳥大橋の南端近くに「白鳥大橋展望台」というところがあり(上左),そこから白鳥大橋の下の2灯台がよく見渡せました(上右)。ここから見ると釣り人が岸壁まで入っているので,もう少し近づけたかもしれませんが,今回は港の内側も見渡し刈ったので,ここで何枚か写真を撮りました。下左が【0064.5】室蘭港南防波堤灯台のアップ,帆のような形のものが取り付けられています。下右が【0064.5】室蘭港南防波堤灯台のアップです。やっぱり釣り人がいます。

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

「白鳥大橋展望台」から港の内側(東側)を展望した1枚に【0081】室蘭港新日鐵住金ふとう灯台らしきものが写っていました。その手前には【0072】室蘭港第4号灯標も写っています(上)。灯標とふとう灯台を少しだけアップにしてみました(下左)。室蘭港にはたくさんの導灯が設置されているので,この展望台からいくつかは見えないかと思って,東側の写真をたくさん撮ったのですが,結局導灯は一つも確認できませんでした。たまたま【0071】室蘭港第3号灯標の写りこんだものがあったので,下右に掲げます。

2015/07/11

2015/07/11

もう少し【0081】室蘭港新日鐵住金ふとう灯台に近づけないかと思ってフェリー発着所の北西の小さな埠頭に回り込み,なんとかその姿を捉えることができました。岸壁から伸びた橋のような構造物の先に小さな白い姿が確認できます(上)。下に拡大してみましたが,ソーラーパネルがあることがわかるくらいで,高さが3.6mではこれが精いっぱいです。

2015/07/11

2015/07/11

室蘭港に数ある導灯を探して港を一回りしてみたのですが,ほどんとが工場の敷地で中をうかがうことができず,やっと中島本町の交差点付近で,0080 室蘭港新日鐵住金第2号導灯(後灯)の姿を捉えました。工場の敷地内で全体像を見ることもできず前灯も見えません。この近くで【0078】室蘭港新日鐵住金第3号導灯(後灯)の灯器もチラリと見えたのですが,半分建物の陰で写真も撮れませんでした。

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

2015/07/11

ようやく室蘭港新日鐵住金第4号導灯【0075】(前灯),【0076】(後灯)の見える場所を発見(1段目),金網にレンズを突っ込んで,後灯(2段目左),前灯(2段目右)を撮ったのですが,そのあと白鳥大橋に戻る途中のJR室蘭本線本輪西駅に寄ったら,そこの跨線橋から第4号導灯があっさりと見渡せたのでした(3段目)。2段目とほとんど同じですが,4段目にアップも掲げます。ちなみにこの本輪西駅,待合室はあるものの(北海道ではバスでも電車でもちゃんとした待合室がないと冬には死にます)改札も何もなくいきなり跨線橋に上がりホームに降りる構造になっていました。

2015/07/11

2015/07/11

室蘭港の他の導灯はあきらめて【0088】チキウ岬灯台へまわり白老方面に抜ける山道(住宅街のはずれ)から室蘭港を見渡せる地点がありました(上)。よく見るとたくさん建っている鉄塔の中で室蘭港新日鐵住金第1号導灯【0082】(前灯)と【0083】(後灯)らしきものが見えました(下)。

2011/07/12

2010年に初訪問,2015年に再訪と書きましたが,じつは2011年にも室蘭港には立ち寄ったのですが,ご覧の通りの濃霧(この写真は白鳥大橋を渡ろうとしているところを車内から撮影)で,灯台はおろか目の前の道すらおぼつかない有様でした。北海道南岸〜東岸は特に夏場に濃霧の日が多く,昼過ぎまで待てば晴れ上がる日もあるようですが,天気予報では濃霧注意報は出っ放しのことが多いようです。

2016/08/21

2016/08/21

そして3度目の室蘭訪問。今回の目的はずばり「旧室蘭港北防波堤灯台」。室蘭市入江陸上競技場のそばに移設展示されているということです。競技場についてみるとその西側の三差路のそばにすぐ見つかりました(左)。そばの赤御影の台に灯台の説明板が設置されています(左の画像クリックで別窓拡大表示)。電話ボックスとして利用されているということでしたが,もう公衆電話の時代ではなく,電話機も外されてしまっています。どうせなら街灯として整備すれば当分の間役に立つと思うので,今後同様の計画があるなら,検討してほしいと思います。まあ,無理に役に立てなくてもモニュメントとして保存されるだけでも意味はあると思いますけど。隣には大きな船のスクリューも展示してあり(右),こちらにも解説版が設置されていました。

2016/08/21

2016/08/21

2016/08/21

2016/08/21

「旧室蘭港北防波堤灯台」に向かう途中ちらりと赤い三角の標識が見えたので,そちらも探してみると,室蘭合同庁舎の駐車場の脇に【0087.3】室蘭港中央ふ頭導標(後標)が,その駐車場とフェリー埠頭の駐車場の間の太い道路ばたに【0087.3】室蘭港中央ふ頭導標(前標)が見つかりました。上左は「2標1線」の様子,上右は後標の姿です。下右は頭部の様子。電気系統がないので構造は簡単ですが,簡単な照明器具はついていました。それぞれの根元の近くに導標の説明板が取り付けてあります(下右)。頭部も説明板も前標後標で違いがないので,代表して前標のものだけを掲げました。
導標というのは要するに導灯の灯火がつかないもので,これまで導灯はずいぶん見てきたけれど,導標は初めてです。というか,導標って全国でどのくらいあるのかな。調べてみたら海保の「航路標識の種類と基数」にはそもそも「昼標」の項に導標の記載はありません。灯台表に載っている10組ほどは,この室蘭港を除いてみな石油基地とか原電とか発電所とか,素人にはおいそれとは近づけないようなものばかりでした。まあ,あんまり面白味もないしね。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台