花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

厚岸郡

厚岸町浜中町

2011/07/02

2011/07/02

2011/07/02

【厚岸町】左上は,町の鳥:セグロカモメと厚岸大橋を中央に,周囲を町の木:エゾヤマザクラが取り囲んでいます。
右上は町の花:ヒオオギアヤメです。下は,厚岸町の市街から少し離れたところにある原生花園あやめヶ原のヒオウギアヤメの群落です。30万株のヒオオギアヤメと海岸性から高山性までの100種類以上の野草が咲き乱れるあやめヶ原(チンベの鼻)には私有地の牧場を含むので,遊歩道のそばに馬が牧草を食べています。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 北海道   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2010/07/17

2010/07/16

2015/07/14

【浜中町】町の鳥:エトピリカ(花魁鳥,アイヌ語:Etupirka:真っ赤なくちばしが特徴だそうです),町の花:エゾカンゾウ,そしてバックは霧多布の断崖です。ちょうど霧多布岬はエゾカンゾウが真っ盛りでした(上)。下は小型ハンドホールの蓋。マンガチックなエトピリカが四つの「はまなか」の文字とともに描かれています。

2010/07/17

【茶内地区】浜中町の中心は漁業のまちですが,もう一つの酪農の中心は茶内地区です。脱力系の牛を中心に,手前にはリスが遊び,遠くにはサイロや牧舎が点在する牧場が広がっています。牛の表情が秀逸です。今度の干支のときは年賀状に使いたいと思います。茶内にはタカナシ乳業やハーゲンダッツが進出するほど,その牛乳の品質の高さは折り紙付きなのだとか。一方茶内農協とその上部組織のホクレンや道庁との軋轢とか,生臭い話もあったりして……。

2010/07/17

町章だけのもの。このように上下のわからない町章で,文字も入っていない蓋は,写真を撮るとき,上下を迷ってしまいますが,大概,後で調べると上下逆に撮ってしまっています。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 北海道   どっかの蓋  上へ   次の蓋