花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

6542恋路島灯台

6546水俣港第1号灯浮標/6547水俣港第2号灯浮標

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 熊本県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2018/04/15

2018/04/15

2018/04/15

2018/04/15

恋路島は水俣の町のすぐそばですが,無人島で連絡船などはなく,島に渡る手段はありません。一番【6542】恋路島灯台に近づけると思われる「グリーンスポーツみなまた」という施設にやってきました。上左はその入り口でフリーの駐車場もあります。入口に園内マップがあって(上左の画像クリックで別窓拡大表示),そこにかかれている説明には,「西ノ浦森林スポーツ林」は国有林で「国民の保健休養の用に供するために,レクレーションの森として設定」したもので,「また,この地区は芦北海岸県立自然公園内にあり」その一部は「『グリーンスポーツみなまた』としてキャンプ施設などを充実させ……」とあります。反対側の「グリーンスポーツみなまた」の説明板は市のもので,要するに国と県と市が絡んでいるようですが,実態はよくわかりません。午後5時で閉門という情報もあり入口にそんな注意書きもありましたが,とても時間で門の開閉管理をしているようには思えませんでした。灯台が見えそうなのは入口から島を突っ切ったところで,まっすぐ進めばいいもののちょっと園内の様子が見たくて右回りのコースを進んでみました。ところどころ道標などはありますが,園内は整備されているようないないような(上右)。夏期のハイシーズンになってもとてもキャンプ場が繁盛するとは思えないありさまでした。マップに冒険ハイキングコースと書かれたあたりで木々の間から【6542】恋路島灯台が見えることは見えたのですが(下左),恋路島全体が望めるところは北に突き出した岬の根元付近まで行かねばなりませんでした。拡大表示されるマップに矢印を記入した位置に海岸に出る踏み分け道がありました(下右)。

2018/04/15

2018/04/15

2018/04/15

上がやっと見つけた海岸からの恋路島の全景で,【6542】恋路島灯台は左の端の方にあります。下にアップを掲げましたが,灯器は見えるものの基部は林の中。この海岸から第2キャンプ場?を通って駐車場に戻ったのですが,このコースが最短距離で駐車場から20〜25分くらいで往復できるでしょう。

2018/04/15

2018/04/15

恋路島との間に緑と赤の二つの灯浮標が見えました。【6546】水俣港第1号灯浮標(左)と【6547】水俣港第2号灯浮標(右)ですが,第1号灯浮標はとちゅう木間越しに撮ったもので,海岸から見たときには島影に紛れて見逃してしまいました。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 熊本県  いつかの灯台  上へ   次の灯台