花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0525鴛泊灯台/0526.1鴛泊港島防波堤東灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(西岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

北海道離島島灯台めぐりは利尻島からスタートしました。始発のフェリーで鴛泊港に渡り,レンタカーを確保。まず目の前の鴛泊灯台とペシ岬に登り,灯台表の標識番号とは逆に右回りに島を一周。順調に全灯台をこなして最後に鴛泊港に戻り,港の風景を撮り直しました。次の礼文島に期待をふくらませつつ最終のフェリーで稚内へ戻りました。

2014/07/24

2014/07/24

2014/07/24

フェリーが利尻島に近づくと【0525】鴛泊灯台(上の右側の岩山の頂上付近の白灯台)と【0526.1】鴛泊港島防波堤東灯台(上の左のほうに小さく見えている赤灯台)が見えてきます。下右に鴛泊灯台を拡大してみました。フェリーが左側に回りこむにつれて,いろんな角度で2灯台が見えますが,下左はだいぶ港に近づいてからの2灯台。

2014/07/24

2014/07/24

2014/07/24

入港直前のフェリーからの【0525】鴛泊灯台と【0526.1】鴛泊港島防波堤東灯台(上)。下に島防波堤灯台を拡大して見ました。

2014/07/24

2014/07/24

この2枚は島の一回りしてから港に戻ってきて,利尻島の締めくくりに港の入口方面と【0526.1】鴛泊港島防波堤東灯台を撮り直したものです。

2014/07/24

2014/07/24

2014/07/24

2014/07/24

【0525】鴛泊灯台は「ペシ岬」という港の北側に張り出す大きな岩山の上にあります。港のはずれに「ペシ岬展望台入口」の案内板があるので(上左),ここから階段を登り,整備された遊歩道をずんずん登っていくと(上右),途中で分かれ道があり,灯台を目指してしばらくいくと坂道の右側に灯台が頭を覗かせました(下左)。展望台入口から20分ほどで到着,と思ったら遊歩道は灯台の手前で左のほうにそれてペシ岬のてっぺんに向います(下右)。ここからほんのわずかですが,灯台の足元まではヤブコキになりました。

2014/07/24

2014/07/24

2014/07/24

【0525】鴛泊灯台。足元は雑草に覆われています。歴史もあるし,姿も堂々としていて最高のロケーションに立っており,何よりもすぐそばまで遊歩道が来ているのだから,もう少し整備してもいいと思うんですけど。

2014/07/24

2014/07/24

ペシ岬の頂上の展望台に行ってみると目の下に【0525】鴛泊灯台と【0526.1】鴛泊港島防波堤東灯台を見下ろすことができました。堤防がつながっていないことがわかります。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(西岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台