花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0407能取岬灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(北岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2010/07/12

2010/07/12

【0407】能取岬灯台。初回訪問時は暴風雨で持っていた傘が壊れるほどでしたが,ロケーション的にはすばらしいところなので,再訪を期しました。

2011/06/27

そして2回目の訪問。幸い良い天気に恵まれ,前回の雪辱を果たしました。

2011/06/27

2011/06/27

2011/06/27

2011/06/27

灯台は牧場の中にあるのであたりは牧草が茂っていて,ちょうど草刈の真っ最中でした。おかげで灯台の周りはすっかりきれいになっていました。玄関のところにあるのは初点プレートではなく,「総合管制舎」の表札でした(中左)。
管制舎の屋根の上にソーラーパネルが並んでいるので灯器はLEDになったのかと思ったのですが,電源が太陽電池になっただけで,まだLEDではないようです(中右)。上の画像クリックで,正門の右側に見えている案内板を別窓で拡大表示します。

2011/06/27

東側からの灯台の勇姿です。周囲は公園のようになっていて,さらに東側にはオホーツク海と知床連山をバックに,「オホーツクの塔」という素晴しい彫刻が立っています。灯台見物のついでに是非寄ってみることをお勧めします。

2016/08/14

【0407】能取岬灯台三訪。2回目で雪辱を果たしたと思ったのですが,今回は真っ青な海と空に白黒が映える能取岬灯台です。いっそ初回と再訪時の写真は削除して今回だけにした方がすっきりするのですが,私自身の心覚えのためにあえて天気の悪かった時のものも残しました。ここに掲げたのは,西側の海岸から見た灯台のすがたです。灯台のロケーションとしては最高のものだと思います。

2016/08/14

2016/08/14

2016/08/14

2016/08/14

能取岬の看板越しに(上左),正面から(上右),門柱と案内板(下左,案内板に書かれている管理事務所が別に掲げたもの(網走航路事務所)から「紋別海上保安部」に変更になり,白いラベルで訂正してありました),灯器のアップ(下右)とみんなこれまで撮ったアングルばかりですが空の色が全然違います。灯器のアップを見るとレンズが入っているようで海保のHPには「実効光度110,000カンデラ」と書いてありますが,電源が太陽電池だけで大丈夫なんでしょうか。確かにここのソーラーパネルは巨大ですけど。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(北岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台