花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0212羅臼港西防波堤灯台/0214羅臼港第2南防波堤灯台
0215羅臼港第3西防波堤灯台/0216羅臼灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(東岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2010/07/15

2010/07/15


羅臼国後展望台というところから,【0216】羅臼灯台や羅臼港の全景が見えました。左の森から飛び出している岬に小さく羅臼灯台が見えます(下はそのアップ)。右側の下から延びている堤防の先端の白灯台が【0212】羅臼港西防波堤灯台,港の中央にある赤灯台が【0214】羅臼港第2南防波堤灯台,その堤防の反対側の先端(左から延びて湾を覆うような堤防の付け根の大きな建物の右端の赤い構造物のすぐ右側)に小さく見えているのが,【0215】羅臼港第3西防波堤灯台です。沖合に国後島の山々がはっきりと見えています。

2010/07/15

2010/07/15

観光案内にくじらの見える丘公園と書いてあるあたりに【0216】羅臼灯台があます。途中それらしい案内板は見つかりませんでしたが,地図を頼りにたどり着きました。高台にあり,灯台の周りは展望台になっていて,ここからも国後島がはっきりと見えました。

2011/06/30

2011/06/30

2回目の訪問。今回は国後の方は霧がかかっていて,よく見えませんでした。

2015/07/16

2015/07/16

2015/07/16

羅臼三訪。ホエールウォッチングの観光船に乗って,海側から【0216】羅臼灯台を見ることに。7月半ばというのに,バックの知床連山には残雪が残っています。

2017/07/21

2017/07/21

2017/07/21

2017/07/21

翌朝【0216】羅臼灯台を再度訪問。これまでと同じような写真ばかりですが,上左は公園の駐車場からみたところ,上右は正面から。立派な門があって読みにくいけれど「羅臼燈台」と刻まれています。下左は展望デッキから。ここから海の方を見るとクジラが見える(かもしれない)ということで,クジラの説明板がいろいろ貼られていました。下右は少し離れたところから灯器のアップです。

2018/02/22

2018/02/22

2018/02/22

羅臼四訪は真冬の流氷観光船から。これまでと違って上天気で,国後近くの流氷帯ではたくさんの(観光船に餌付けされたらしい)オジロワシやオオワシを見ることができたほか,港近くには冬には珍しいシャチの群れを見ることができました。

2010/07/15

2010/07/15

2015/07/16

2018/02/22

【0214】羅臼港第2南防波堤。プレートには第1南防波堤灯台と書いてあります。あとで名前が変わったのかもしれません。訪問ごとにいろいろの角度から撮っています。

2010/07/15

2015/07/16

2017/07/20

2017/07/20

2018/02/22

【0212】羅臼港西防波堤灯台も訪問ごとにいろいろの角度から撮っています。中段は夕闇迫る羅臼港で各灯台が点灯していました。

2010/07/15

2018/02/22

【0215】羅臼港第3西防波堤灯台。この灯台は港の奥にあって建物の陰になったり堤防に半分隠れたりするので,あまり写真を撮っていません。

2017/07/20

夕暮れ時に訪問した折の西防波堤付近から港内を見たところ。【0216】羅臼灯台をはじめ,【0214】羅臼港第2南防波堤や【0215】羅臼港第3西防波堤灯台も点灯しています。

2017/07/20

2017/07/20

少し港の内側に移動して【0216】羅臼灯台と【0214】羅臼港第2南防波堤(上)および【0216】羅臼灯台と【0215】羅臼港第3西防波堤灯台(下)のツーショットを収めました。三脚を持ってこなかったので手持ちではこれが精いっぱいでした。写真としては拙いけれども,こんな時間の港の雰囲気の思い出です。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(東岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台