花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0012葛登支岬灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2010/07/23

2010/07/23

【0012】葛登支岬灯台。第1回目の北海道旅行の掉尾を飾るにふさわしい立派な灯台でした。とりわけ塔頂部が立派なので,国道から見上げたとき(右の写真)にはどれほど大きいのかと期待しましたが,実際は塔頂部に比べて,基部は短めです。例の案内板は消えかかっている部分が多いのですがこちらに拡大表示します。

2014/08/07

2014/08/07

2014/08/07

葛登支岬再訪。国道から灯台まできれいに草刈りがしてあって,その脇には野草が咲き乱れるという気持ちのいいアプローチでした。じつは案内板を撮り直そうと思って再訪したのですが,撤去されたようで,どこにも見つかりませんでした。もしかしたら,新しいブルーの看板と取り替える予定なのかもしれません。しょうがないので,大きなレンズとか,管理等のプレートとかを撮り直してきました。

2010/07/23

2010/07/23

初点プレートがないのが残念です。代わりに表札?の写真(左)です。右の写真は「灯台入口」バス停です。このバス停の左側(写真の手前側)に鎖を張った道があり,車は入れませんが,轍が灯台まで続いていますので,のんびりと周囲に咲いているさまざまな花を見ながら登っていくとすぐに灯台に到達します。
実は最初,カーナビに灯台まで続く道が表示されたので,それにしたがって国道を曲がってみたのですが,とても車の入れる道ではありませんでした。見回すと電線が灯台に向かって延びていたので,かつては車も通った道が夏草に覆われているのだろうと思い,ヤブコキしてみたのですが,最初は少し残っていた踏み跡もなくなり,にっちもさっちもいかなくなって引き返し,上記の道を発見したのでした。カーナビの頼りすぎと電線を辿るという原則に縛られすぎるとひどい目にあうという教訓でした。おかげでいっそうこの灯台が印象深いものになり,大満足して北海道旅行を終えることができました。

2012/08/07

フェリーの船上から,葛登支岬灯台が見えました。洋上から見ると近くで見るよりずっと立派な灯台に見えます。

2016/08/21

2016/08/21

2016/08/21

葛登支岬灯台3訪。前回案内板が撤去されていたので,新しい青色の案内板が設置されているかと見に行ったのですが,まだ設置されていませんでした。やむをえず同じような写真を何枚も撮って帰ってきました。宗谷岬灯台や襟裳岬灯台が新しい案内板になっていたので,ここもそのうち青い案内板が設置されるとは思うのですが,それが確認できるまで,何回も足を運ぶことになりそうです。もしこのまま設置されないとしたら……。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台