花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

笠岡市

 

2017/04/21

2017/04/21

2017/04/21

2017/04/21

【笠岡市】笠岡市といえばなんといっても天然記念物のカブトガニ! 心躍らせてカブトガニ博物館を訪問,その周辺でマンホールを探して回ったのですが。上左が標準的な笠岡市のデザインで,瀬戸内海の多島美(?)とカブトガニがデザインされています。カラー蓋が博物館の近くにあるという情報に基づいて探したのですが見つからず,博物館の方に訪ねて教えてもらったのが,上右のものです。職員の方が「すっかり色が剥げてしまって……」とたいそう恐縮されていたのには,かえって業務に関係ないことをお尋ねして迷惑をかけたこちらが恐縮してしまいました。下左は同じデザインの小型蓋。下右はカブトガニ博物館で飼育されている実物です。

2017/04/21

2017/04/21

2017/04/21

【笠岡市】上左は二重亀甲の親子蓋で,小蓋の中央に市章と「カブトガニをデザインしたもの」が入っています。この二重亀甲は横浜市のために「Y」と「O」をデザインしたものだと聞いていて,横浜市以外で見るのは初めてです。上右に横浜市のものと上下に並べてみました(上が笠岡市,下が横浜市で,よーーーく見るとほんの少しだけ違いがあるように見えます)。下は斜め格子の汚水用ハンドホール蓋ですが,これも市章の下に「カブトガニをデザインしたもの」が入っています。

2017/04/21

2017/04/21

【笠岡市】角蓋二種。左は消火栓蓋でこの手のものはずいぶん稚拙な文字が入っていることが多いのですが,笠岡市はきちんとした丸ゴチックの活字体です。右は空気弁用のものでこの上部に入っているのが本来の市章です。

2017/04/21

2017/04/21

2017/04/21

【笠岡市】上水系のハンドホール蓋2種。左のカラー蓋にはカブトガニ博物館のマスコット・キャラクター「カブニ」君が描かれています。この「カブニ」君,「カブ海」という奥さんと「カブ希」という子供がいます。右はカブトガニ博物館にいたカブニ・ファミリー。下は「市章だけ」が入った仕切弁の蓋。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 中国 岡山県  どっかの蓋  上へ   次の蓋