花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

関市

 

2011/10/14

【関市】この蓋を撮影したときには何の模様か,その上下さえ分からなかったのですが,よおく見ると,刃物の町らしく,烏帽子をかぶった刀匠が槌を振るっています。そしてその相槌が鵜飼いの鵜。魚をくわえています。同じ模様が周囲にも配されていて,全体として刀の鍔の形をしています。刀身にあたる中央部分が高山市の市章に見えて,ちょっと戸惑いました。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 中部東海 岐阜県  どっかの蓋  上へ   次の蓋