花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

砺波市

砺波市/(旧砺波市旧東礪波郡庄川町

2013/05/19

【砺波市】新しい市章の入ったデザイン蓋がありました。チューリップですが,すっきりしてなかなかよいデザインです。周囲を飾っているのは,市の花木:エドヒガンザクラだと思われます。これは庄川町が合併されたので,市のシンボルに加えられたのでしょう。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 甲信越北陸 富山県  どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/05/19

2013/05/19

2013/05/19

2013/05/19

【砺波市(旧砺波市)】今回の富山旅行では砺波市でチューリップの蓋に出会うのをたのしみにしていました。上左のものが標準のようで,チューリップはずいぶんと抽象化されています。カラー蓋だと模様がよく分かるのでしょうが,無彩色では一見してチューリップと分かりません。上右はそれに比べてリアルなチューリップですが,泥に汚れたものしか見つかりませんでした。ともに中央に入っているのは旧砺波市の市章です。
下左はチューリップ公園のチューリップのモニュメント,下右はチューリップ公園の一角にある「チューリップ四季彩館」という施設で,一年中いつ訪れてもチューリップが咲いているそうです。私たちが訪れたのは5月の中旬でちょうどチューリップ祭りが終わった直後だったので,路地でもまだ少しチューリップの花は残っていましたが,ご覧のとおり四季彩館の中は満開でした。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 甲信越北陸 富山県  どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/05/19

2013/05/19

左の化粧蓋は市章ではなくチューリップの花が図案化されています。とにかくと波の町の中はどこへ言ってもチューリップのデザインがいっぱいです。右は旧市章の亀甲地紋蓋。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 甲信越北陸 富山県  どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/05/19

【砺波市(旧東礪波郡庄川町)】梅の花に見えますが,旧町の花木:江戸彼岸桜なのだそうです。太平洋側に多く日本海側では珍しい江戸彼岸の群生地ということなので,花の季節に再訪したいですね。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 甲信越北陸 富山県  どっかの蓋  上へ   次の蓋