花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

2871.2新宮港北防波堤南灯台/2873新宮港東第1防波堤北灯台
2871.1新宮港沖灯標

2871新宮港沖ノ八島北東方灯浮標/2872新宮港灯浮標

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 和歌山県  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2014/03/23

2014/03/23

2014/03/23

最初にJR紀伊佐野駅付近から海際に出たのですが工事中で海岸には近づけず,北防波堤の全体は見えたものの(上)大きなトラックが走り回っていて,ゆっくり撮影できる雰囲気ではありませんでした。一応【2871.2】新宮港北防波堤南灯台の姿は捉えたものの,ピンボケです(下左)。この防波堤の北端には【2871.3】新宮港北防波堤北灯台があったのですが,2012年4月13日に廃止となっています。その位置を望遠で覗いてみると,小さな白い標識が立っていました(下右)。かつては8.7mの白灯台が立っていたはずですが,それは撤去されたとしてもやはり何らかの標識は必要ということでしょうか。

2014/03/23

2014/03/23

2017/03/24

JR紀伊佐野駅付近から国道42号を南下して海岸線に出たところ(JR紀勢本線がトンネルから出て国道と並行するあたり)から新宮港の二つの防波堤が見渡せました(上)。【2871.2】新宮港北防波堤南灯台の立つ北防波堤も,【2873】新宮港東第1防波堤北灯台の立つ東第1防波堤も海の中に独立しているので,渡船で渡るよりほかに到達はできません(でも上の写真では北防波堤南灯大の横に釣人らしき人影が見えます)。東第1防波堤北灯台は旧新宮港南防波堤灯台が2014年3月17日に沖合いに移設され名称も変更になったもので,できたばっかりです。移転の情報は後に第5管区海上保安本部の発表で知ったもので,訪問時には知りませんでした。追加表では2014年4月11日付で発表になっています。
下左は【2871.2】新宮港北防波堤南灯台のアップです。手前に見えている緑の灯浮標は【2872】新宮港灯浮標。再訪時,北防波堤南灯台のそばに【2871】新宮港沖ノ八島北東方灯浮標があるのに気がつきました(下右)。この写真は新宮港の南東側に移動してから撮ったものですが,撮る位置が変わるとお互いの位置関係や距離感が全く変わってしまいます。

2017/03/24

宇久井海水浴場(上地の浜)を通り過ぎて旧新宮港南防波堤灯台に近づいたところから(再訪時)新宮港を見渡したところです。実は2015年に新設された【2871.1】新宮港沖灯標を見るのが新宮港再訪の目的でした。新宮港沖灯標のすぐ横に小さな白い標識が見えますが,廃止された北防波堤北灯台と同じく,移設された南防波堤灯台の代わりに小さな標識が設置されたものと見えます。

2014/03/23

2014/03/23

2017/03/24

2017/03/24

上左は【2871.2】新宮港北防波堤南灯台のアップ,上右は【2873】新宮港東第1防波堤北灯台のアップです。東第1防波堤北灯台はなかなかかっこいいスタイルで,もう少し大きければデザイン灯台といわれても納得しそうです。
下左が再訪の目的だった【2871.1】新宮港沖灯標。二つの防波堤の外側なのでなかなかきれいに見えるところがなくてうろうろし,ようやく撮れたのがこの程度ですが,探していたものが一応見つかったので満足です。見る位置によっては新宮港沖灯標は旧南防波堤灯台の代わりの白い標識と重なって見えます(下右)。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 和歌山県  いつかの灯台  上へ   次の灯台