花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

0039恵山岬灯台

 

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  下へ   次の灯台 

2010/07/21

【0039】恵山岬灯台。きれいに整備された公園に立っています。観光地ということになっていますが,車で来るにしてもちょっと不便なところなので,あまりごちゃごちゃした感じではありません。なお,恵山岬灯台の所在地は旧恵山町ではなく旧椴法華村字恵山岬(現恵山岬町)です。

2010/07/21

2010/07/21

2010/07/21

2010/07/21

上左の写真のように,「恵山岬」とかかれた石碑があり,鉄塔の下に見える門にしゃれた書体の表札があります(下右)。本来の初点プレートもしかるべき位置に掲げられています(下左)。敷地内に立てられた案内板(別窓に表示)も多少剥げかけているものの,文字の部分はしっかりと読み取れます。
形といい場所といい,文句のつけようのない灯台で,全体としていい意味で管理が行き届いており,灯台を大事にしている雰囲気が伝わってきます。参観灯台だったらもっとよかったのに。

2011/07/13

2010/07/21

2017/07/15

公園の敷地内には市立のぴかりん館という灯台資料館がありました。2階の展望台から灯台を見下ろせます。2017年に訪問したら,「平成28年4月1日より函館市灯台資料館は当分の間,休刊します。」という貼紙が。何回も恵山岬を訪れているのに,この資料館に入館したのは1階だけだったので,今年はぜひ入館しようと思っていたのに残念でした。亀田郡椴法華村が函館市に編入され「ピカリン館」が「函館市灯台資料館」になったことが,裏目に出たと思われます。「当分の間,休館」というのはまず再開の可能性は少ないでしょうが,何とか再開されることを切望する次第です。

2011/07/13

恵山岬灯台を通り過ぎて岬の先端まで行くと,水無海岸温泉という無料の露天風呂(海岸の岩の間にあり,満潮時には海の中になってしまいます)があります。この海岸から灯台の頭部が見えました。

2012/08/11

3回目の訪問。何回訪れても素晴しい灯台です。

 前の灯台    ホーム  灯台の形 / 北海道(南岸)  いつかの灯台  上へ   次の灯台