花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

なんちゃってマンホール

 

マンホールみたいな顔をしてるけど,本当は違うんじゃないの,というものを集めてみました。採集場所にも重複掲載したものもあります。あくまでマンホール,のようなもの,なので,ハナからマンホールではないとわかるプレートなどはむしろそれなりに意味があるものが多く,それぞれの地域に掲載しています。自己流の判断なので,もしかしたら本当のマンホール蓋が含まれていたり,各地のページに掲載したもので,蓋ではないことに気がついていないものもあるかもしれません。はっきりわかるようななんちゃって蓋は見かけていても撮らなかったのですが,探してみたらいっぱいあるような気がします。これはこれなりに面白いような気がしてきました。

2015/10/20

2016/01/09

左は東京上野~御徒町間の通称アメ横に設置されているもの。一見してマンホールではないと思いましたが,ピカピカしてきれいです。右はお台場のショッピングビルの中にあって,名古屋市型の中央に「台」の字がデザインされています。一瞬「おっ,ビルの中にマンホール!」と思ったけれど,考えるまでもなく,ビルの4階の廊下にマンホールがあるわけがないのでした。少し詳しく書こうかと思って調べていたら,駅からマンホールさんの詳細な説明に行き当たりました。興味のある方はそちらをご覧ください。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2012/03/12

2011/02/23

左は横浜野毛のお笑い大明神の蓋です。詳しくは(詳しくないけど)こちら。右は鎌倉駅前にある鎌倉市の唯一のデザイン蓋ですが,これがマンホール蓋であるかどうかは疑問です。鎌倉市に再掲

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/12/08

2013/12/08

東京ディズニーシーにある蓋ですが,いずれもマンホールの蓋かどうか,怪しいものです。詳しくはこちらこちら

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2016/04/19

2016/01/28

左は横浜関内にある「日本郵船歴史資料館」の前にあったもの。ずいぶん大きいもので,誰もマンホールとは思わないと思いますが。「日本郵船歴史資料館」は「近代日本海運の黎明期から今日に至るまでを,日本郵船の社史を通してご紹介しています」という企業博物館です。
右は神奈川県葉山町の山畑の中の道にあったもので,中央に東西南北と十字,その周囲に「健康の散歩道」「葉山町」と書かれています。外周には●を線でつなぎ,そのそばに2.5kmとか0.5kmとか書かれているので,その間隔でこの銘盤?が設置されているのかもしれません。マンホールでいえば小型のハンドホールくらいの大きさです。とにかく散歩していても地べたに埋め込まれた丸いものを見ると条件反射で写真を撮らずにはすまない,困った体質になってしまいました。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2017/10/12

【竹原市】竹原市街並み保存地区の入口に埋め込まれたプレートです。竹原市にも再掲しました。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ   次の蓋