花の名前 蓋の模様 灯台の形 彼方より 彼方へ

官庁など,といっても今のところ,国交省がらみのものしか採集できていません。本省より特別機関と外局が先という配列になってしまったのは,私の内的必然です。

2011/03/23

2011/06/18

【国土地理院】「水準点/基本」の文字が見えます。左は鎌倉市内で採集したものですが,「建設省国土地理院」の名前が入っています。右は青森県竜飛埼灯台の傍で撮ったもので,古びて見えますが,「国土交通省」とあるので,こちらのほうが新しいことになります。この蓋は全国いろいろな場所にあるのでしょう。

2014/01/06

2015/07/17

同じく「水準点」「基本」の文字が見えます。「国土交通省」や「建設省」の文字はなく,国土地理院の文字のみ。日本の地図には北方領土はなく,沖縄は左側の別枠内に描かれています。同じものですが,左は逗子市内にて,右は網走市内にて採集。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2012/03/19

2012/03/27

2009/06/17

【海上保安庁】上の二つは電気用のもの。左は北九州市にある関門海峡海上交通センターのそばで,右は宮崎県の鵜戸埼灯台のそばで見かけました。両者とも瀬戸製作所製のもので「FUKUOKA SETO」という文字とロゴマークが入っています。下は横浜港の大さん橋付近で見かけました。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2016/07/01

2016/07/01

2016/07/01

【気象庁】三つとも大手町の気象庁付近で採集したもので,他の気象庁関係の機関にこう言った蓋があるか不明なので,東京都の方に掲載しようかと思ったのですが,やはり気象庁は国土交通省の外局なので,ここにまとめました。そのうち地方の気象台などまわってみたら,面白い蓋が見つかるかもしれません。上左は地紋が東京市型に似ていますが,手の込んだ模様で字体もずいぶん古そうですが,「気」の字は新字です。上右は東京市型の地紋で「氣象庁」と書かれており,「氣」だけ旧字ですが「庁」は新字体になっています。この旧字は画数が多くてつぶれてしまうからでしょうか。下は長谷川鋳工所製で,やはり「氣」だけ旧字の「氣象庁」と縦書きの「汚水桝」の文字が入っています。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2008/10/04

2011/10/08

2012/12/27

2014/06/18

【国土交通省】+の四方をかぎ型で囲むパターンの連続模様です。上左は国交省のマークのみ,上右は「通信」,下左は「通信」に加えて「電気」の文字も見えます。下右は「情報」ってなんなんでしょう。

2012/12/27

2009/01/17

2014/06/20

【国土交通省】亀甲型3種。

2013/04/14

2012/04/05

【国土交通省】雨水用2種。

2012/03/21

2012/03/21

2013/04/14

2013/04/14

【国土交通省】左列の中央部を右列に拡大してみました。上は「T」,下は「ツ」の文字が入っているので通信用と思われます。上は日之出ASD型です。下もマークの入り方など似ているので,日之出製かもしれません。

2011/10/14

2011/10/12

2014/03/23

2008/10/04

【国土交通省】上左はカネソウ製の電気蓋,他の三つはメーカー不明ですが,上右は「通信」,下左は「J-Box/国土交通省」の文字が見えます。下右は文字が入っていません。

2017/10/20

2017/10/20

【国土交通省】「通信」用ですが,地紋がちょっと変わったASD型です。右に中央部を拡大してみました。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ 下へ   次の蓋 

2013/02/23

2013/02/23

2013/02/23

2013/02/23

【旧建設省】前から見かけていたのですが,何かの企業のマークかと思って写真を撮っていませんでした。最近旧建設省だということを知り,茨城県東部で見かけたおりにいくつかまとめて撮りました。上左は北勢工業製で,「電」のところに掲げたものと同じパターンです。

2013/04/08

2013/04/09

【旧建設省】四国で見かけた旧建設省の蓋2種。左は亀甲型の小型蓋,右は福西鋳物製のもの。あまり見ないパターンですが,メーカーのカタログには掲載されています。

2013/05/17

2014/06/18

【旧建設省】左は富山県,右は山形県で見かけたものです。あまり見ないパターンですが,地紋の摩擦係数は高そうです。

2013/11/26

2014/02/01

【旧建設省】左は川崎市東扇島にて採集。土井製作所製です。右は東京日本橋で見つけた共同溝のふた。共同溝はたいていそうですが,通常よりはだいぶ大きなもので,東京市型に似たパターンの地紋でした。中央部分には旧建設省章をぐるっと一回りするように「建設省・共同溝・」と書いてあります。

2015/02/03

2015/06/12

【旧建設省】(左)この手の蓋(電信系?)はよく見かけるのですが,撮ったり撮らなかったり。これは地紋が鱗模様なのが気になって撮ってみました。横浜市鶴見区にて。右は名古屋市型。かなり古いタイプに見えました。いわき市で撮影。

2016/03/13

2016/03/13

【旧建設省】建設省の日之出ASD型もありました。建設省が国交省になったのが2001年,日之出ASD型が開発されたのが1997年ということなのであって不思議はないわけです。大牟田市で採集したものです。右に中央部を拡大しました。旧省章の下に「T」とあるので,通信用の蓋です。

 前の蓋    ホーム  蓋の模様 / 雑蓋   どっかの蓋  上へ   次の蓋